臨床現場ニーズ起点による革新的医療機器の創出
医療機器開発に係る起業家人材の育成
医療機器産業の振興につながる拠点整備

「次世代医療機器連携拠点整備等事業」とは

平成26年度から開始された国産医療機器創出促進基盤整備等事業は、国内外の医療ニーズを満たす医療機器開発の推進を図るため、全国11の医療機関において医療機器開発の拠点を担うための体制を整備し、医療機器を開発する企業の人材を受け入れて、市場性を見据えた製品設計の方法等に関する資質を習得した人材を育成する取り組みを行ってきました。

令和元年より新たに開始された次世代医療機器連携拠点整備等事業においては、国産医療機器創出促進基盤整備等事業(平成26~30年度)において整備したルール・体制を活用して、医療機器を開発する企業の人材育成拠点を増やし、更に各医療機関ならではの特色を活かした、医療機器産業の振興につながる魅力あふれる拠点を整備することを目的といたします。

国立大学法人北海道大学、国立大学法人東北大学、国立大学法人筑波大学、学校法人東京女子医科大学、国立研究開発法人国立がん研究センター、国立大学法人信州大学、独立行政法人国立病院機構大阪医療センター、国立大学法人大阪大学医学部附属病院、国立大学法人京都大学、国立大学法人神戸大学医学部附属病院、国立大学法人広島大学、国立大学法人岡山大学、国立大学法人鳥取大学、国立大学法人大分大学

INFO

お知らせ

お知らせ一覧