ABOUT

事業について

事業について

次世代医療機器連携拠点としての活動

京都大学は平成29年より、「医療ヘルスケア・イノベーション起業家人材育成プログラム(HiDEP:Healthcare Innovation Design Entrepreneurship Program)」にて、企業人・医療従事者・アカデミア研究者を対象に、医療ニーズ起点で医療機器等の創出を目指す起業家人材育成を行って参りました。

令和元年にはAMED次世代医療機器連携拠点整備等事業「医療・福祉等ニーズ起点で次世代医療機器開発を担える起業家精神を持つ人材の育成拠点」の採択を受け、HiDEPのプログラムの充実と拡充を目的として、当院臨床ニーズ情報の収集・開示、医療現場見学や術中映像視聴を可能とする院内体制整備を行いました。

また、これらの体制整備を活用し、臨床ニーズを保有する当院医療従事者と開発者(企業や技術者)とのマッチングや開発支援にも注力しており、医療機器の共同開発プロジェクトが着実に創成されつつあります。

このように最先端の医療現場である京大病院において医療ニーズに触れ、HiDEPを通して医療機器開発を学んで頂き、更に当院医療従事者とのマッチングや指導により医療機器の共同開発(企業との共同開発、アカデミア間での共同開発)に繋げていくことをミッションとして活動しています。

AMED次世代医療機器連携拠点整備等事業

体制図

体制図